髪がはねる原因は、いくつかありますが、
今回は、伸ばしかけの髪が肩ではねてしまい、
何か、いい方法はないの?とお探しの方へのお話

髪を短く切って、ショートやボブにしたのは良いんだけど、
伸ばしている途中、どうしても肩にあたってはねる時期がありますよね。
がんばって、ブローやスタイリングをするけれど、
少し動いただけですぐにはねてしまう
見た目もいまいち決まらなくて、嫌になりますね

そこで、どうしたらはねなくなるのかなんですが、
「マメにカットする」とはねなくなると言いたいところですが、
やはり、はねるときは跳ねてしまいます。
(ほったらかしよりは、良いと思いますけど)

「パーマをかける」とはねなくなる?

 

 

 

 

 

残念ですが・・・
これに関しても、はねるときは跳ねます。
ですが、正解はパーマをかけるでしょうね。
パーマをかけると、毛先はカールした状態になりますよね。
すると、不思議なことに、はねても良い感じに柔らかく見えるんです。

そうなんです!!
はねててもいい感じということは、
はねることを気にして、頑張るよりも「跳ねてもいいんだ!」と考えれば、
跳ねることをストレスに感じなくてもいいのではないでしょうか。

伸ばしかけの髪のパーマ対策

 

 

 

 

 

では、どのようなパーマが伸ばしかけの髪に向いているのかを
考えていきたいと思います。

伸ばしかけの髪ですから、なるべくでしたらダメージを避けていきたいですよね。
ここで、少し問題となる事があるのです。

何かといいますと、将来的にしてみたいスタイルが決まっていない場合がありますよね。
スタイルが決まっていませんと、パーマスタイルに幅が持たせられないのです。
なぜかと言いますと、伸ばしていくうえで、徐々にパーマをかけた部分を切り落として
なるべくダメージの少ないキレイな髪の状態にしていきたいですからね!

そこで、お勧めしたいスタイルは、ダメージ箇所の少ないパーマスタイルがおススメとなります。

パーマをかける前提として、少しでもいいので、段を入れた毛先にかけるパーマスタイルが、
跳ねてもいいと思えるスタイルであり、扱いやすいスタイルになると思います。

毛先にかけるパーマスタイルですが、Cカール、Sウェーブくらいまでがいいと思います。
おすすめは、Sウェーブです。Cカールですと、跳ねが気になる事も多いようですので・・・

例えばですが、次のような感じは、いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これくらいの長さでしたら、3か月もすれば、だいぶ跳ねなくなりますので、
その時点で、少しづつパーマのかかっている部分をカットし、
お好きなスタイルに変えていければいいのではないでしょうか。

以上が中途半端な髪にパーマが向いているということになります。

LINEの友だち追加の上、ご予約来店で電子トリートメントプレゼント

LINE@の友だち限定
↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓
友だち追加

お電話でのご予約または、お問い合わせはこちら